子ども教育には欠かせない周囲の環境

都会と田舎

住環境というものは住む場所によって大きく異なります。
子どものことを考え、都会の方がいいのか、田舎の方がいいのか迷う方もいらっしゃるでしょう。
これらについて考えてみましょう。

都会では、学校の数も多いので、子どもに合ったところを選ぶことができます。
通学に公共交通機関を利用する場合は、時間やお金の感覚も小さいうちから身につけることができるでしょう。
しかし、子どもの身の安全を考えると、人も多い分不安があります。

一方田舎では、子どもと地域との繋がりが強く、自然の中で伸び伸びと子どもが暮らせます。
いろんなものとの結びつきを大事にして生活できるのはいいですよね。
その反面、学校や施設等の充実には欠けるため、子どもの希望に沿えないことがあるかもしれません。

都会と田舎、どちらにも当然メリットとデメリットがあります。
何を重視するのか考えてみるのもいいかもしれませんね。

立地や形態

住む場所というのは都会か田舎かだけではありません。
一軒家なのか、マンションやアパートなのかということや、家が密集した住宅街なのか、あまり家のない自然が多い場所なのかなどということも関係します。

マンションやアパートの場合、他にも入居している家族がいるため、子ども同士仲良くなりやすく、人間関係というものを幼い頃から築くことができるでしょう。
一軒家ではすぐに外に出ることができるので、子どもが外で遊ぶ機会が多くなり、活発で健康的な子になるでしょう。
住宅街には公園がよく見られます。
そこで他の子と遊んだりすることで、知らないうちに社交性が身につくのです。
自然あふれる場所では、様々な生き物や植物と触れ合うことで、命の大切さなどたくさんのことを学べるでしょう。

このように、家の立地や形態も子どもの教育に関わるのです。


この記事をシェアする