大切なのは、将来を考えること

どんな子どもになってほしい?

親の子どもに対する思いや願いというのは様々でしょう。
どんな親でも、子どもにとって最良の環境で学んでほしいと思っているはずです。
子どもにも一人一人個性があります。
その個性を生かし、どんな風に成長してほしいと思いますか?

子どもは幼い頃から自分に関する様々な選択を自分でするということはできません。
自分で選択できるように成長するまで、その選択を代わりに行うのは親です。
子どもの得意なことを伸ばしてあげるような教育をするのか、それとも苦手なことをなくすような教育をするのか、教育の選択肢も無限です。

教育には正解がありません。
健康で元気に育ってくれることが一番ですが、子どもの教育を行う上では子どもの将来をしっかりと考えて行くことが大事なのです。

可能性を広げる

子どもの教育を行う上で、親としてどこまでしてあげるべきだと考えますか?
子どものために必要だと思うものを何でも与えるのは本当に良いことなのでしょうか。
子どもにとって何不自由ない環境での教育は必ずしも最良とは言えません。
時には我慢をさせることの方がよっぽど教育的でしょう。
ものとして与えるのではなく、見えないものを与えるのが教育だと考えています。

子どもは成長するにつれ、育った環境の中から自分の将来を考え始めます。
そんな時の選択肢をできるだけ多くつくってあげるのが親の役目なのではないでしょうか。
子どもはそのうち自分の力で生きていくことになります。
親が行うのはあくまでもその手助けなのです。

住環境は子どもによって違いますが、どんな環境でも子どもはきちんと成長します。
ですが、子どもの教育において住環境は大きな影響を及ぼしていることも忘れないでください。


この記事をシェアする